How to Learn English
LESSON #2 How to prepare to learn English
英語を学ぶための準備
by John Matsushima

日常的に英語を話しますか? 英語を使う機会がよくありますか?
仕事で外国人と接する機会がない方や日常生活で日本語しか話さない環境だといきなり英語で物を
考えるといっても難しいものです。

それはまるで映画を見ている途中で中断し、別の映画を見始めるようなものです。脳は自然と初めの映画のことが気になっているのに、それを無理やり次の新しい映画に注意を仕向けるのと同じです。

最速で簡単に英語をマスターするにはどうやってあなたの脳を英語で考える脳に切り替えるのかを知ることです。


John Matsushima 先生


準備が”鍵”です。そうすればより簡単に、より早く英語ができるように
なります。新しい単語もフレースもすんなり頭に入り、話したいことが口から出てくるようになります。
英語を学び始める前に4つの下準備をしてください。


  1. 英語の単語を受け取る耳を準備する。
  2. 英語を話す口を準備する。

  3. 英語でものを考える脳を準備する。


1. 聞く準備をする。
一人の先生から長い間英語を教えてもらっていると彼らの言うことが聞き取りやすくなると思いませんか?
理由はあなたの脳の聞き取りの部分がリラックスして言葉を取り込みやすくなっているからです。
しばしば聞き取りをする時多くを考えすぎています。しかし脳は一度にひとつのことしかできません。
たとえ日本語の会話でも自分の言いたいことを考えているがゆえに相手の言っていることを聞き逃すことがあります。

聞き取るためには自分が言いたいことを考えるのをやめて相手の話す内容に集中しなくてはいけません。

それを踏まえて英語を取り込むモードになるため以下のことをしてみましょう:

  • クラスに来る前に英語の歌を聞く。
    • 音楽はモチベーションをあげてくれ、あなたのリスニングスキルも上げてくれます。


  • 英語のCDを30分聞く。
    • 英検やTOEIC用などの英語の勉強のCDを30分聞く。出来れば毎回会話が含まれていれば尚よい。

  • 英語でアニメを見る。字幕なしで。
    • テレビドラマと違ってシリアスでないのでリラックスできるのでとてもいいです。簡単でたとえ音なしで見ても理解できます。

  • 発音を練習する。
    • 自分で言えない言葉は聞き取れません。シンプルです。クラスでノートを取る時はカタカナはやめましょう。カタカナでは書けない英語の音があります。発音記号がありますが覚えるのは難しいです。おすすめはどう発音するかすでに知っている似たような言葉を書くことです。例えばみなさんはアメリカ人の"OH MY GOD!!!!!"の発音は知っていますね。GODのOの音を覚えていればHOTのとなりにGODと書くことができます。

  • 語彙を増やす
    • クラスでのリスニングやCDを聞いたとき、聞き取れなかったのは語彙力が足りなかったかどうか自問しましょう。もしそうなら、リスニング力を上げるために語彙を勉強しましょう。
  • 文法のパターンを練習しましょう。新しく学んだ文法を使用して例文をたくさん作ってみましょう。
    • 語彙の時と同じことです。センテンスのパターンを知らなければたとえ文章のすべての単語の意味を知っていたとしても理解できないでしょう。一つの文法のパターンから例文を10書いてみましょう。
  • リスニングスキルをあげるために重要なことは英語をもっと聞くことです!

重要:以上のエクササイズは英語でのみ行います。日本語で考えてもいけません。聞こえることすべてを理解することは重要ではありません。

HOMEWORK 宿題:英語の耳を持つための準備を3つ書きましょう.

2. 話す準備をする

リスニングの練習のあとでもまだ思うように話せないことに驚くかもしれません。リスニングと同じようにスピーキングにも準備が必要です.

ネイティブが話すのを見て日本人よりももっと口を動かすことに気がついたことはありますか?

日本語を話すのにさほど口の動きは要りませんが英語は違います。正しい発音をするために口の動きが不可欠な音があります。例えば”W"。また一方で”TH"のように舌の動きが必要な音もあります。

英語を話すための口の準備の紹介をします。
  • YouTubeでネイティブが英単語を発音する際の口の動きを観察してみましょう。
  • シャイにならないでください。舌を突き出すのは恥ずかしいです。でも正しい発音には必要なのです。
  • 音読しましょう。毎日数分試しましょう。意味を理解することは必要ではありません。内容がわからなくても大丈夫。考えなくてもいいです。ただただゆっくりと声を出して読み、自分の口で音を作る練習をしてください。
  • シャドウイング。音読の時と同じく、聞こえる言葉の意味は重要ではありません。聞こえてくる音声をリピートします。自分の発音はどうだったか注意して聞いてみてください。
  • スピーキングスキルを上げる最適な方法は英語をもっともっと話すことです。!
HOMEWORK 宿題:スピーキングスキルをあげるために毎日することと、いつから始めるかを書き出しましょう!


3.英語で考える準備をする

英語を話していた、という夢を見たことがありますか?

もしあるならそれは英語力がとてもレベルアップしたということです。おめでとうございます。あなたの脳は英語を聞く、話すことに慣れてきました。英語が自動的に使えるようになり始めています。

このプロセスは英語で考えることによって10倍スピードアップできます。

英語でモノを考える時、リスニングとスピーキングの脳を働かせいています。イメージトレーニングに似ています。英語では "Visualization"と言います。これにはいくつかのテクニックがあります。英語習得を最速でしましょう。用意はいいですか?これらのことを今すぐやりましょう。!

会話のイメージトレーニング。二人の人間が英語で会話しているのをイメージします。話している場所や、状況、なぜ彼らが話しているのか。この二人は誰なのか。彼らの声はどんな声か、何について話しているのか、をイメージします。もしあまり想像力がなかったら、本やクラスから会話を借りて記憶します。そして自分のフレーズを追加してみます。 
  • 日々のフレーズ。短い英語のフレーズを毎日使いましょう。ぴったりな状況が来たら、これらのフレーズを英語で言いましょう。
    • 遅れちゃう!
    • 痛い!
    • なんでアメリカ人って。。?
    • おなかすいた!
    • おいしそう!
    • 電車が混んでる.
    • 暑い。
    • 何時?
  • 頭の中で歌いましょう。お気に入りの英語の歌を覚えて歌いましょう。声に出さなくてもいいのでどこでもできます。楽しい気分になります!
  • 日本語から訳さないで! 頭の中で日本語で考えてからそれを英語に翻訳しないでください。日本語のスイッチをオフにするのは重要です。英語だけで考えましょう。!
HOMEWORK 宿題:1日に3回、立ち止まり周りを見回します。目に入るものすべてを英語で考えましょう。 

レッスンは終了です。 Good job!