英語の学び方
LESSON #8 スピーキングを高めめよう
by John Matsushima


外国人が初めて日本に来た時日本語を話すのはそれはそれは難しいものです。たとえあなたの英語がそれほどでもなくても、あなたと英語で会話できることに感謝してくれるでしょう。それに上手に話せたら友達や家族に一目置かれますね!あなたがスピーキングのスキルを持っていたら全てを理解できていなくても考えやフィーリングをうまく表現出来るでしょう。


あなたのスピーキングスキルが上がる3つの方法

1. 発音を練習する。

2. あなたの声を使う

3. スピーキングドリルを使う



1. 発音を練習する。

発音はとても大切です。あなたの文法や語彙がすばらしくても発音が今一つだと理解してもらえません。発音の上達には口のエクササイズが必要です。舌や唇の使い方は英語と日本語では違います。それは日本語には存在しない音があるからです。発音の上達には子供になったキモチで練習することです。考えないで、ただ真似をするのです。

:発音の上達のための3つの方法

1. 自分の舌や唇の動かし方に注意してみる。

2. 鏡とボイスレコーダーを使う

3.グーグルで検索。またはグーグルホームを英語で使う。

宿題:YouTubeで英語の発音の動画を検索する。鏡とボイスレコーダーを使ってネイティブスピーカーの真似をする。注意:発音の練習をするときは言葉の意味を理解することは重要ではありません。













2. あなたの声を使う。

体が記憶するって体験したことありますか?脳を経由せずに体が勝手に動くことです。例えば長年テニスを練習していたとしたらラケットでボールを打つことは考えることなくできるはずです。これを英語のスピーキングに応用しましょう。あなたの口に記憶させます。声を出して何度も練習します。そうすることで考えることなく言葉が流れるように口から流れ出し上手に英語を話せるようになります。


自分の声を使ってできる 3つの練習方法

1. ボリューム、スピード、ピッチを変化させながら声に出して読む。。

2. 英語の歌を歌う。

3.シャドウイング。何をどう言ったか正確に繰り返す。意味は理解しなくてもよい。

宿題: 歌詞付きの英語の歌を3つYouTubeで見つけて歌う。



3. スピーキングドリルを使う

パートナーがいなくてもスピーキングの練習ができるって知っていましたか?ライティングはスピーキングの上達に役に立つのです。なぜなら脳が文章を作り出す作業はライティングもスピーキングも同じだからです。  ひとりミニスピーチはおすすめです。”バナナ”、のようにもっとも簡単なトピックを選びそれについて1分話します。お気に入りのぬいぐるみやまくらを相手に話してみましょう。


スピーキングのための3つの練習

1. 無計画のライティング。. トピックを決める。準備なしで5分書く。言葉を確認したりミスを直したりするために中断しない。

2. 無計画のスピーキング。トピックを決める。準備なしで1分話す。考えるために中断しない。話し続ける。

3. トピックを書いたノートを用意。ノートを使って5分スピーチ。ノートを見て読まない。何を言うか忘れたときだけノートを見る。

宿題: 計画なしのスピーキングを1分。トピックは何でもよい。”ねこ”みたいにシンプルなものでもよい。



レッスンは終了です。 Good job!

Main Page